大規模木質構造建築物の設計・施工

戦後植林された杉は今年で60年生以上になり、かなりの大径木に育ってきております。

この材を有効に使っていく事で、森林資源の循環機能を維持していかなければなりません。

折からの公共建築物木材利用促進法により、構造、及び造作工事に木材が使われる機会が増してきております。

弊社も1990年より大規模木質建造物の建て方に携わってきました。

集成材は勿論ですが、無垢の大径材を使った小屋組み等、木材の長所を最大限に生かした構造体が可能になってきました。

又パネル化したCLT(Cross- Laminated-Timber)の利用等により木質建造物の可能性がますます広がってきております

 

設計から施工までお問い合わせ下さい。

施工実績

工事名 床面積 完成
 宮城県丸森町ゲートボール場 676㎡ 平成4年3月
 長沼町屋内ゲートボール場 704㎡  平成5年3月
 宮城県柴田町資料展示館「恩源閣」 1,103㎡  平成5年3月
 宮城県志波姫町御駒堂集会所 200㎡  平成5年5月
 宮城県鳴子町上野スキー場レストハウス 511㎡  平成6年1月
 宮城県柴田町産業展示会館 185㎡  平成6年3月
 西白河郡表郷村鶴子山公園休養施設 275㎡  平成6年3月
 宮城県丸森町「天水舎」 269㎡  平成6年3月
 岩瀬郡天栄村屋内運動場 986㎡  平成6年3月
 岩瀬郡天栄リゾートスキー場レストハウス 236㎡  平成6年11月
 熱塩加納村三ノ倉スキー場レストハウス 485㎡  平成7年3月
 白河市白河幼稚園 140㎡  平成7年3月
 棚倉町多目的文化センター「倉美館」生涯学習棟 606㎡  平成7年8月
 株式会社日本道路東北支店(遠刈田町)住宅 231㎡  平成7年10月
 宮城県仙台市「社会福祉法人ありのまま舎」 142㎡  平成8年1月
 西白河郡表郷村存立表郷小学校屋内プール上屋 166㎡  平成8年3月
 双葉郡葛尾村ゲートボール場 585㎡  平成9年10月
 岩瀬郡岩瀬村白方幼稚園 690㎡  平成9年11月
 宮城県仙台市君ヶ丘公園トイレ工事 72㎡  平成9年11月

 県民の森オートキャンプ場「フォレストパークあだたら」

    管理棟コテージ棟及びコテージ・コテージ及びキャンプサイト用家具

 2,350㎡  平成10年3月
 県立矢吹病院「天風寮」 1,250㎡  平成11年9月
 郡山私立安積第二小学校屋内運動場 912㎡  平成13年12月
 地域用水環境整備事業羽鳥湖地区 木柵工・東屋・シェルター工事    平成14年3月
 西袋中学校屋内運動場上屋 1,270㎡  平成15年3月
 須賀川市立柏城小学校児童館 300㎡  平成16年3月
 福島県農業研究センター本部整備事業(屋外施設1建築)工事 725㎡  平成16年7月
 中島村立中島幼稚園  1,650㎡  平成17年3月
 鏡石町栄光こども園 660㎡  平成20年3月
 ターシャの森認定子ども園プリムラ学園 611㎡  平成21年3月

 

西袋中学校屋内運動場

合成ユニットによる「斜交曲面格子梁」が特徴の体育館です。

 

合成ユニットによる斜交曲面格子梁
合成ユニットによる斜交曲面格子梁
天井梁
西袋中体育館全景
西袋中体育館全景

屋根を支える本体架構の素材は、国産材で且つ、安価で地元で手に入りやすく「地産地消」の考え方から杉材を選択し、構造は「斜交曲面格子梁構造」と言って、杉の芯持ち単材(120×120)を9段重ね木ダボで止めた梁を3.5m弱の格子状に組み、柔らかな直線近似の曲面を構成しています。

 全体の仕上は、床のブナフローリング、壁・天井の杉材等、木を豊富に使用し、壁の珪藻土、コンクリート打放し、塗装材、断熱材等使用材料を厳選し、自然にやさしい素材を使うことを一つのコンセプトとしています。

 木の持つ特性(暖かみ、やさしさ)を活かしたアリーナは、スポーツや集会を親しく且つやさしくうけとめてくれる中学校の体育館です。

 

保坂陽一郎建築研究所


なかじま幼稚園

 エントランスに特徴のある野趣味あふれた幼稚園です。

なかじま幼稚園